2005年06月23日

Azrael : 第3日

この日記には一部ネタバレを含みます。
また、内容の一部は実際のゲーム内容と無関係な創作です。

 雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ 雪ニモ負ケズ
 蛙ノ吐キ出ス 吐瀉物ダケハ 気分的ニ回避シタヒ
 サウイフ人ニ 私ハ為リタヒ

 皆、森の木々と共に在るか?Azraelだ。

 さて、老Aidasより受けた命は、3人の良からぬドルイドを始末せよ、とのことだった。ドルイドの問題はドルイドの中で解決せねばならない。俺が適任であることは、今更説明する必要もないだろう。何より、一人のドルイドとして、森が汚されることをみすみす看過することは出来ない。

 3人の良からぬドルイドは、それぞれLightfall Grove、Shadow Pine、Tornwood Forestの3つの森に潜んでいると聞く。

 Avenを取り囲むように並ぶこの3つの森は、個々の趣が大きく異なっている。各々の地で精霊力のバランスが大きく偏っている為だが、一説には個々の森の奥深くに精霊界への門があり、その門を中心にUnataka全域に精霊力が溢れているのだとも、また一説には、遠く口に名を出すことが禁じられているAbyssの地より流れてくる闇の気配からAvenを護っているのだ、とも言われている。

 Avenを出るとそこはLightfall Groveだ。高地にあるAvenから、山肌に沿って赤く色付いた森が広がっている。紅葉したアタルバの木は非常に美しいのだが、とりわけ、空気の澄んだ早朝にこの木々を見ると、赤い葉を通して日が昇り始めるのが見え、大地が赤く染まっていく。この瞬間は表現しようの無い程美しく、荘厳だ。

 しかし、この美しい森にも狂気の影が潜んでいる。不安げに揺れるもふもふ君(Decoy)にそっと触れ、俺は森へと踏み入った。

-----

今日のAzrael the Sacred

 ようやっとレベル16に。旅行までに20はなかなか厳しい!しかし、20になるまでAbilityのポイントを振り分けるつもりがないので、何とか20になっておきたい所ではある…(Tempestに一気に注ぎ込む予定)。

 Abilityに1ずつしか振り分けていないので、いかんせんプレイが苦しくなってきました。あと4つ!耐え忍べ!取り敢えず今はMend WoundsとStone Stormで頑張っています。

 え?Decoy?…大抵一撃で死ぬので、呼んでも意味がなかったりしてねぇ(笑)。あくまでもTempestまでのつなぎの認識なので…。
Azrael the Sacred 16
体力 258 精神力 579
腕力 25 知力 65 器用さ 42 持久力 11
Block (1)
Melee Attack (1)
Sting (1)
Nature's Medicine (3)
Endurance (1)
Thorny Decoy (1)
Mend Wounds (1)
Stone Storm (1)
Clinging Vines (1)
Breath of the North (1)
Tranquil Thoughts (1)
Cloak of Thorns (1)
Thunder Strike (1)
posted by shimatch at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドルイドの見果てぬ明日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4545686

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。